MIRAI 2.0プロジェクトのSustainability TEG (Thematic Expert Group)では、スウェーデンおよび日本のプロジェクト参加機関の博士課程の学生を対象とした短期コース「Challenges and Advances in Environmental Change」を開催します。

 

この短期コースは環境の変化に関する主要課題とその解決策について、博士課程の学生の知識を広げることを目的としています。コースはスウェーデンのリンシェーピン大学と上智大学の教員による5つの講義から成るモジュール形式で構成されており、各モジュールの講義を受講可能です。また、湿地の再生と有効活用を学習するために、スウェーデンと日本のそれぞれの場所でフィールド学習も予定しています。

 

■短期コース概要

講義:講義とディスカッションはすべてZOOMを利用したオンライン上で行われます。1コマは90分です。

  • Concept and theory
  • Pathways and approaches for SDGs implementation from biogas perspective
  • Multi-sector partnerships in climate change mitigation and adaptation
  • Waste management–challenges in relation to the development of a circular economy
  • The water-society nexus

フィールド学習:リンシェーピン大学と上智大学の講師が実施します。日本は北海道のサロベツ湿原(沼地)と栃木県の渡良瀬遊水地を訪問予定です。

詳しくは、コース紹介シラバス(286.59KB)をご覧ください。※主催者(上智大学)のウェブサイトに移動します。

 

■申し込みについて

申込締切:オンライン講義のみ:8月26日(金)

     オンライン講義・フィールド学習:7月15日(金)

募集人数:オンライン講義のみ:制限なし

     オンライン講義・フィールド学習:1名

      (希望者多数の場合は選考を行います)

費用:フィールド学習:国際部で往復旅費(最も経済的な通常の経路及び方法によるもの)を負担します。

備考:参加者には受講後、報告レポートを提出いただきます。

申し込み・問合せ先:国際連携課(下記参照)

      ※申し込みにはエントリーシートが必要です。下記フォームを記入の上、送付ください。

       エントリーシート(オンライン講義用)エントリーシート(フィールド学習用)

*****************************

国際連携課国際連携担当

電話:011-706-4409(または4410)

mail:global@oia.hokudai.ac.jp

*****************************